Home

ブラザー(Brother)のMFC-8820JNは日本国内でのみ発売されそうなモノクロレーザー複合機です。より有名な国際的な相手はMFC-8820Dで、技術が同じはずです。Linuxでの施行はお使いのディストリビューションと自分のニーズによって幾通りがあります。

一番やすい場合は印刷だけほしいです。Ubuntuなどで多くのブラザーのプリンタのドライバーが含まれることです。だが、最初にソフトウェアの管理でドライバーのパケットをインストールする必要性もあります。このページ(英語)をチェックして、適当なパケットをインストールする(例えばMFC-8820JNに「brother-cups-wrapper-laser1」と「brother-lpr-drivers-laser1」が必要です)。他の仕方はブラザーのホームページから公式のドライバーのDEBパケットをダウンロードする(あのドライバーが使いにくくて、特許で、やや込んでいるが、より多くの機能があるし、よく動作するらしいです)。

 

synaptic

 

スキャンとファクスの施行はより手数をかけています。USB経由のスキャンのみが欲しい場合には、公式のスキャンのドライバーをインストールするのは十分です(正しいドライバーを見つけてダウンロードするのにこのページへ行って下さい)。ネットワーク経由のスキャンも欲しい場合には、付け加えるとターミナルの魔法(第五件を見て下さい)を適用しなければなりません。最後に、Ubuntuで一般ユーザーでスキャンを使用するために、udevのルールを変更する必要性があります。これはUbuntuのバージョンに応じて異なりますので、このページによるシステムファイルを変更して下さい。

さてさて、自身に騒がされた問題について話しましょう。それはMFC-8820JNの両面印刷ができなかったんです。Gentooを用いるカナダの同僚もこんな経験しました。ググルによってこの問題がMFC-8820Dにも発生するそうです。いろいろなドライバーと設定の試みのに片面印刷が残ったから思い切るところで、ついに同僚が日本のフォーラムでワークアラウンドを見つけて私に与えてくれました。MFC-8820のドライバーの代わりにUbuntuで備え付けたMFC-9050のを使うと、両面印刷が出来るはずです。ただし、両面印刷中はプリンターのディスプレイで「DX LEVER ERROR」のエラーメッセージが起きることがあります。その場合は、エラーの解決済みとドキュメントの印刷を得るように、プリンタの後ろにあるレバーを右へ(または左へ)シフトしなければなりません。エラーの理由は、紙のサイズは「A4」と「letter」があり、使うサイズに応じてレバーがこのサイズの正位になければなりません。私としては、ドライバーのオプションでどちらでもサイズを選択するもレバーがいつも右の位置にしなければなりません。理由は不明です。逆に、グループのWindowsユーザーは印刷のために正しいのレバーの位置は左側で、皆が不便なんです。もし、誰かこの問題の説明を知っている場合は私を教えて下さい!